キャッシングを利息なしで利用するならココ!

三菱UFJフィナンシャル・グループ 「アコム」

キャッシング業界最大手の 「アコム」の特徴

初めてアコムを利用する人は、契約日より30日間の無利息期間があります。その間に返済が終われば、実質利息ゼロ円で借りられます。

また、申し込み〜審査終了までが最短で30分と短いので、即日で借りたいニーズがある人にも人気です。お金を借りるのが初めてなら、まずはアコムを押さえておきましょう。

利息 無利息期間:初めてなら最大30日、年利:3.0%〜18.0%
審査時間 最短30分
収入証明書 限度額50万円以下は不要
業界最大手 「アコム」の総評

提携金融機関も多いので、即日振込にも対応しやすい。(三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行 、楽天銀行に対応)また、無人契約機も多いので「即日でお金を借りたい人」「利息なしでキャッシングしたい人」から支持されています。

利息なしのキャッシングを利用すると、こんなにお得!

 

金利は貸金業法によって「法定金利」が決められています。2010年に施行された法律でキャッシングの金利は引き下げられましたが、それでも利息を払わないに越したことはありません。

 

ちなみに上限の金利は、以下のように定められています。

借入れ金額 上限金利
10万円未満 上限20%
10万円以上100万円未満 上限18%
100万円以上 上限15%

※更に詳しく金利について知りたい方は「貸金業法ホームページ」をご覧下さい。

 

仮に10万円を30日間借りた場合の利息金額を計算してみます。

 

利息の算出方法

利用金額×利率÷365日×利用日数=利息金額

 

10万円の利息計算

10万円×20%(上限金利)÷365日×30日=1643円

 

30日だけ借りていても、利息が1643円も掛かります。

 

それがアコムの30日間無利息期間中に返済を終えれば、まるまる1643円が浮く計算です。
ユニクロで服が1つ買えるぐらいの金額ですね。

 

キャッシングの利息の仕組み

一般的にキャッシングの利息部分には「年利:●●%〜●●%」と記載してあります。

 

なるべく金利が低いところで融資を受けるのがお得なのは誰でも分かることですが、では実際に「あなたがお金を借りた時に何パーセントの金利」が掛かってくるのか分かりますか?

 

この質問の意味が分かりますか?
実は借りる人によって金利は変わる、ということを意味しています。

 

ではどのようなケースで人によって金利が変わるのかを解説します。

 

信用度(返済する経済力や信用力)によって変わる

キャッシングの特徴として、担保も保証人も取らずにお金を貸すわけですから、その人の信用度を審査において最重要視しています。

 

例を挙げましょう。
Aさん:35歳男性、公務員(勤続13年)、年収750万、持ち家(居住暦10年)
Bさん:35歳男性、派遣社員(勤続2年)、年収300万、賃貸マンション(居住暦1年)

 

この2人を客観的に比べると、返済能力も加味した社会的な信用はAさんに軍配が上がりますよね。※人格などは加味せず、あくまで数字上だけの判断です。

 

Aさんの仕事は堅い仕事ですし、持ち家で10年済んでいるわけですから、そう簡単には住所を変えない(=逃げられる)ことが想像できます。

 

逆にBさんは勤続年数も短いので、いつ仕事を辞めてしまう(=収入が無くなる)のか分かりません。また、賃貸マンションに住んでいることは問題にはなりませんが、居住暦が短いので住所を転々と変えられるリスクがあります。つまりBさんには不確定な要素が多いと判断されてしまいます。

 

となれば、キャッシング業者としてもAさんになるべく貸したい(利用してもらいたい)と思うのが普通ですよね。お金を貸して返済してくれれば、会社の利益になりますから。

 

仮にこの2人が同じ借り入れ希望額だった場合、「Aさんには12%の金利で、Bさんには16%の金利で」という具合に、その人の信用度に合わせて金利を変えて貸付を行うケースがあるのです。

 

今までの貢献度で変わる

質問です。
常連さんと一見さん。お店からすると、どちらがサービスしたくなるお客さんでしょうか?

 

答えは簡単ですよね。当然、常連さんの方が今までお店の売上に貢献した実績があるので、その分だけ一見さんよりもサービスを受ける可能性は高くなります。

 

これと同じことがキャッシングの金利にも適用されています。

 

例を挙げましょう。分かりやすいように先ほどと同じ登場人物です。

 

Aさん:35歳男性、公務員(勤続13年)、年収750万、持ち家(居住暦10年)、初めての申込
Bさん:35歳男性、派遣社員(勤続2年)、年収300万、賃貸マンション(居住暦1年)、5回目の申込

 

今まで何回の利用実績があるのか?という点を加味すると、Bさんの方が利用実績は上ですよね。

 

繰り返しになりますが、キャッシングは担保も保証人も取らずにお金を貸してくれる仕組みなので、当然ですが新規の人と比べれば今まできちんと返済してくれた人の信用度は高くなります。

 

こういう場合、「Aさんは新規だから16%の金利で、Bさんは5回目だから12%の金利で」という具合に、利用実績に応じた金利が適用されるようになります。

 

こうした例からも分かるように、実際に申込んで審査に通らないことには、自分がどの金利が適用されるのかは分かりません。

 

だからこそ、低金利のキャッシングを選ぶ事も大切ですが、それよりも確実に恩恵を受けられる「無利息期間」があるキャッシングを選んだ方がお得になります。

 

利息なしの期間中にできるだけ返済を!

仮に10万円を借りて、無利息期間中の30日以内に全額返済ができなくても大丈夫です。出来る限り返済すれば、利息が掛かってくる元金が減るので、最終的に支払う利息負担が減ります。

 

無利息期間を利用した返済例
この図のように元金を出来る限り減らすことで、支払う利息を減らすことができます。

 

 

変化したキャッシングの利息

借金の取り立てに怯えるイメージ

一昔前であれば、どちらかというと『キャッシング=借金』というイメージで、絶対にしてはならないもののような扱いでした。

 

その理由は、高い利息を請求されるので、結果的にお金の問題が大きくなってしまうという現状があったからかもしれません。

 

実際、問題になったグレーゾーン金利というものは、法律の上限ギリギリでの利息を設定し、借りた人を疲弊させてしまうほどでした。ドラマや小説などでも、そういった高い利息でお金を借りてしまった人物、という設定もよく見られましたし、もっとひどい闇金融なども幅を利かせていました。そのため、どうしてもキャッシングに対するイメージは悪いものだったに違いありません。

 

しかし2012年に貸金業法が改正され、利息制限法と出資法で開きがあった上限金利が20%で統一されました。(※20%を超えると刑事罰の対象となります)

 

上限金利が法律によって統一化され、キャッシングも以前に比べて小さな金利負担で安心して利用できるようになりました。一昔前の不透明で怪しい世界ではもうないのです。

 

消費者金融はサービス面で目を見張る

パソコン操作している女性イメージ

グレーゾーン金利の廃止によって過払い金請求への対応、総量規制によって年収の1/3を超える融資ができなくなったこと。貸金業法の改正によって、キャッシング会社の利益は下がっています。

 

こうした背景があり、今は銀行の保証業務によって利益を確保すると同時に、「いかにして融資の新規顧客を獲得するか?」という点を考えています。

 

意外と知られていないことですが、キャッシングの中でも特に消費者金融は、以前から「借りやすい環境整備」に注力しており、サービス面の拡充を推し進めてきました。

 

消費者金融は常に時代の最先端の技術で、私たちの生活に根ざしてきたのです。

 

まだ今ほどIT技術が発達していない1993年に、アコムが業界で初めて「自動契約機(むじんくん)」を設置し、それまでは対面与信が基本だったキャッシングの形に新しい風を吹き込んだ歴史があります。

 

当初は批判的だった異見が多かったようですが、今の無人契約機の普及を見れば、その利便性は明らかですよね。

 

そして今支持されているのが、即日キャッシングと無利息サービスです。

 

今日中にお金を借りたい!という急なニーズにも答えてくれるスピード審査・スピード融資に加え、利息負担を減らしてくれる無利息サービスが、キャッシングを利用する人に支持されているのです。

 

即日融資ができて無利息があるのは、アコム・アイフル・プロミスの3つです。まずはここから借入先を選ぶのが賢明です。